40代男性 疲れやすくなった

あるものの減少が男の疲れを引き起こしています!

疲れやすい

男も40代になると昔に比べて「疲れやすくなった」と感じることが多くなりますよね。30代の頃は多少残業しても、たまに徹夜しても、飲み過ぎても、一日寝さえすれば回復し次の日は普通に頑張れたものです。

 

しかし今では残業する前にヘトヘト。徹夜なんてもってのほか。飲み過ぎどころかあまり飲めなくなった。と感じてしまうものですね。

 

こうなってしまった原因をただ「もう年だから」と決めつけていては、その疲れがストレスを引き起こしてさらに疲れが悪化するという悪循環になってしまいます(T_T)

 

この40代ぐらいに出始める「疲れやすい」という症状の原因は男性にとってとても大切な「男性ホルモン」の低下によるものなんですね。

 

男性ホルモンとは?

 

ホルモンとは体内で作られる化学物質で、私たちの体を維持するために大きな力を発揮しています。ホルモンの代表として有名なのが、糖尿病にかかわる「インスリン」や興奮物質として知られる「アドレナリン」などがあります。

 

ここで言う男性ホルモンとは、テストステロンやジヒドロテストステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオン、性腺刺激ホルモン放出ホルモン、卵胞刺激ホルモン、DHEAを指し、総称で「アンドロゲン」と呼ばれています。

 

この男性ホルモンには

 

  • タンパク質を筋肉に変えることによってたくましい体をつくる
  • 皮脂分泌を促進
  • 体毛を発育させる
  • 精子をつくる
  • 性欲を高める
  • 積極的な思考をもたらす
  • 論理的な思考をもたらす

 

などの働きがあります。

 

具体的に言えば、

 

  • 「男の肉体や骨格」を維持
  • 「子作りのための機能」を維持
  • 「行動を起こす、考える」という機能を維持

 

するもので、男性にとってはとても大事なものなんですね。

 

同じ歳でも全然元気でバリバリに働いている人っていると思います。なぜ同じ歳なのにその違いが出るのかというと、この「男性ホルモン値の差」がその違いを生むんですね。

 

男性ホルモンの量は個人差がありますが、加齢にともなってどうしても減少してしまうものです。男性ホルモンは思春期と呼ばれる10代頃から増え始め、だいたい25歳ごろにピークを迎えます。そしてこれを境に減少を辿ります。

 

そしてこの減少が体に影響し始めるのが40歳前後。早い人だと30代半ばにこの影響が出始めるんですね。

 

症状として、「疲れやすい」などの体の倦怠感をはじめ

 

体に起こる症状 精神的に起こる症状
  • 体力の低下
  • 体のほてりや発汗
  • 腰やひざが痛む
  • 朝の目覚めが悪くなる
  • めまいがする
  • 耳鳴りがする
  • トイレが近くなる
  • 尿漏れをする
  • 朝立ちしなくなる
  • 肥満
  • 何に関してもやる気がなくなる
  • イライラする。怒りっぽくなる
  • 集中力がなくなる
  • 記憶力が悪くなる
  • 眠れなくなる
  • 性欲がなくなる

 

などの症状を引き起こします。けっこう身に覚えがある症状があったりしますよね。

 

これらの症状には「休めば治る」といった軽いものに思えるものが多いため、そのままにしてしまいがちなんですが、徐々に脳などにも影響をあたえ、次第に更年期うつなどの症状を引き起こし、いわゆる「痴呆」と呼ばれる老化にまで発展してしまうことになるんです(~_~)

 

実際、これを実証できるものが年代による自殺数なんですね。男性においては35歳以降〜65歳までの方の自殺数が圧倒的に多いわけです。子供のいじめによる自殺がニュースでは取り上げられますが、その数の比ではないんですね。

 

自殺数

参照:http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2013/html/honpen/chapter1-03.html

 

そしてこの自殺の原因の多くが男性ホルモン減少による更年期うつによるものと言われているんです。

 

それだけ男性ホルモン(テストステロン)というものは男性の体にとってなくてはならないものなんですね。

 

男性ホルモンを増やす食べ物が「疲れやすい」を改善させる食べ物

牡蠣

ゆえに40代以降の男性の「疲れやすい」を改善させるには男性ホルモンの減少を抑える食べ物をとる必要があるんです。そして、その代表格として挙げられるのが「海の牡蠣」なんですね。

 

なぜ牡蠣が良いのかというと、男性ホルモンを増やす作用がある栄養素「亜鉛」がとっても多く含まれているからなんです。

 

ミネラルである「亜鉛」は私たちの体を維持するさまざまな酵素に働きかける栄養素なんですね。簡単に言えば、私たちの体を維持する酵素の「燃料」と考えると分かりやすいです。

 

そしてこの亜鉛が男性ホルモンを生成する酵素の燃料となって、男性ホルモンを増やす働きを持つわけですね。

 

しかしこの亜鉛は体内で作ることができない栄養素の上、なかなか摂取しにくい栄養素ともいわれているんです。そしてもっと厄介なのが体内に入れても吸収されにくいといった特徴もあるんですね。

 

そんなこともあり厚生労働省でも亜鉛の摂取量の目安を一日当たり12mgと打ち出しているほどなんです。でも牡蠣ならたった2粒でこの12mgを摂取することができるんですね。

 

それだけ牡蠣に含まれる亜鉛量は他の食材と比べても圧倒的で、亜鉛が多く含まれていると言われる牛肩ロースに比べても3倍ほどの量になるんです。

 

とはいっても牡蠣は季節食材という面もありますし、高価なものなので毎日食べることは難しいですよね。そこで今男性の間で人気が出ているのがこの牡蠣の栄養ををカプセルににした牡蠣サプリメントなんです。

 

これならたった2粒ほど摂るだけで、亜鉛をしっかり摂りいれることができるんですね。下記におススメの牡蠣サプリメント紹介していますので試してみてください。

 

海乳EX(販売元:健康サポートセンター)

海乳EX【定期押しバナー】

 

瀬戸内海産の牡蠣だけを使用した「牡蠣サプリメント」です。この商品の特徴は他の食材をほとんど使わず、まさに牡蠣だけにこだわったサプリメントということ。

 

他の商品にはいろいろな食材を配合したものが多いのですが、それによって価格が上昇している傾向があるんですね。しかし海乳EXは牡蠣だけにこだわり、広告等の経費も抑えることで大変お値打ちに購入することができるわけなんです。

 

その価格は定期購入で初回980円。2回目以降も1949円でいつでも解約可能なのでとってもリスクが少ないわけなんですね。

 

私もこのサプリを使用して2年ぐらいたちますが、その実感をしっかり味わっています。疲れを感じた時の「2粒」にどれだけ助けられたか分かりませんね(^-^)

 

>>亜鉛たっぷりの濃縮牡蠣エキス★海乳EXはこちら

 

海宝の力(販売元:fromCOCORO)



 

こちらの牡蠣サプリメントの特徴は、1回分で17mgもの亜鉛が摂取できる点と動物性タンパク質やクエン酸・ビタミンCなどが配合されていることで亜鉛の吸収力を上げている点ですね。

 

あと牡蠣自体にもタウリンが多く含まれていいて肝臓に良いのですが、さらにしじみも配合されているので「オルニチン」という栄養もしっかり摂れるのでお酒を良く飲む人にとっていい感じのサプリメントです。

 

こちらも定期購入だと初回が980円。2回目以降は2990円になります。

 

>>新世代の亜鉛サプリ【海宝の力】はこちら

 

贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα(販売元:ホコニコオンラインショップ



 

こちらのサプリメントは亜鉛を1回分3粒で16mg摂れる上に、マカ、高麗人参が配合されていることで、亜鉛と同じく男性ホルモンの生成に働くと言われるアミノ酸「アルギニン」や肥満予防や血流を改善する栄養素「サポニン」を摂取することができます。

 

こちらも上記2品と同じく定期購入だと初回が980円。2回目以降は2980円になります。

 

>>贅沢亜鉛 牡蠣のチカラαはこちら

 

 

牡蠣を超える食べ物がある!

 

上では男性の疲れを解消する食べ物として「牡蠣」を紹介しましたが、近年その牡蠣を超える食材がブームとなって健康食品などにいかされているんですね。

 

その食材とは通称ミドリムシとも呼ばれる「ユーグレナ」なんです。

 

ユーグレナとは南の島でとれるワカメや昆布などと同じ藻類なんですが、植物と動物両方の性質を持つめずらしい食材なんですね。

 

ゆえにその中に含まれる栄養も植物由来のものと動物由来のものがあるのでトータルすると59種類に及ぶ栄養を持っているんです。だからこれさえ摂っていれば、栄養バランス完璧ともいえるぐらいなんですね(^-^)

 

しかも、このユーグレナに含まれる亜鉛の量が半端ないんです。牡蠣が100g中に12mg亜鉛量に対して、ユーグレナは75r!!まさに圧倒的なんですね。

 

ユーグレナを使用した食品としては現在さまざまなものが発売されています。

 

 

その中でもユーグレナファームさんが発売している「ユーグレナの緑汁」には青汁でお馴染みの「大麦若葉」と「明日葉」も配合されているので、メタボなども気になる男性にとってとてもありがたい商品です。

 

私は作る面倒が嫌なのでサプリメントを使用していますが、「サプリメントはちょっと。。。」という人にはこちらが良いと思いますよ。

 

>>話題の栄養豊富な「ユーグレナ・ファームの緑汁」を見てみる

 

最後に

 

ここでは40代男性の「疲れやすい」を改善するための食べ物として牡蠣を紹介し、それを手軽に摂れるサプリメントや今人気が出てきているユーグレナの青汁などを紹介しました。

 

40代の疲れやすいという症状は簡単に言えば「老化のはじまり」なんです。男性ホルモンの減少は少しずつ老化を突き進んでいるということ。

 

だから疲れやすいなどの症状をそのままにしておくと、「筋肉が落ちたり」「肌がたるんでシワが目立つようになったり」「性欲が落ちたり」「EDを引き起こしたり」「物忘れがひどくなったり」などの症状が続々と起こるようになってしまうんですね。

 

そうならないためにも、男性ホルモンを増やしてくれる栄養をしっかり摂ることが大事なわけです。40代はまだ人生の半分ですよね。ここで疲れ果ててしまっていては後の人生真っ暗闇です(T_T)

 

病院送りになる前に今の症状の原因をしっかり把握して行動することが大事と思いますよ(^_-)-☆